不動産業|オススメのYouTube活用事例をまとめました。

2023年1月31日 滋賀とWeb

不動産業でも企業や店舗などでYouTube活用がどんどん始まってきました。

YouTubeをはじめることで、これまでのWebサイト・ブログとは違った情報発信が行えるようになり、なによりテキスト・画像で伝えていたときより、もっと多くの情報を短時間で伝えることができるスグレモノとなります。

今回はその中でも不動産業でオススメのYouTubeの活用事例をまとめてみました。

業種も様々になっているので、ぜひあなたが行っている業種から近いYouTubeチャンネルを参考にしてみてください。

京都住まいる不動産

京都府内の売買物件を中心にルームツアー動画を発信しているのがこちらの京都住まいる不動産です。

チャンネル開始は2014年からとかなり昔から行われており、2023年1月も継続的に動画を発信しています。

京都の豪邸動画や町家動画など、京都ならではのルームツアー動画もあり、いずれもかなりの再生回数を誇っています。

サムネイルがその不動産のイメージをバシッと出しているので見る側も動画を探しやすいサムネイル作りも参考になるチャンネルとなります。

チャンネル名:京都住まいる不動産
チャンネル登録者数:2.14万人(2023年1月現在)

お家専門チャンネル「あっ、いいな!」

不動産業にとってのハウツー動画中心で出していきたい!という場合にはぜひ見て欲しいのがこちらのチャンネルです。

不動産、住宅の最新ノウハウをわかりやすく伝えており、一番再生されている動画、古家一戸建ての賢い売却方法はたしかに知りたくなる情報となっています。

中古受託に関してや不動産屋の闇など気になる動画もあるなど、これらの動画を発信していると地元で良い不動産会社を探している方にとってすれば「ここまで言ってくれるなら一度相談してみたい!」となります。

またショート動画も活用されており、こちらもぜひ参考にして欲しいチャンネルとなります。

チャンネル名:お家専門チャンネル「あっ、いいな!」
チャンネル登録者数:2030人(2023年1月現在)

【長崎】あおぞら不動産

不動産業で鉄板で伸びる動画といえば!ルームツアー動画です。

工務店系のチャンネルでも発信されることが多いルームツアー。ですが、どれだけ継続的に発信できるかというと棟数の問題で難しかったりします。

その中で、不動産業は逆に取れる棟数も多いため、継続的に発信することができます。その継続発信されているのがあおぞら不動産チャンネルとなります。

多くのルームツアー動画を発信しており、特に不動産業ならではのコメントも音声で入れているのでとてもわかりやすいです。

これから不動産業でチャンネルを始められる時に、ぜひ取り入れたいルームツアー。どんな動画を作ればいいのだろう?という方はあおぞら不動産の動画を一度見てみましょう。

チャンネル名:【長崎】あおぞら不動産
チャンネル登録者数:9530人(2023年1月現在)

不動産業のYouTube活用事例まとめ

今回は不動産業のYouTubeチャンネルでオススメの活用事例をまとめてみました。

それぞれの動画で人気動画などをみていくと、他の業種でも参考になる企画は多いはず。

また当社では滋賀県に特化したYouTubeの制作、運用代行も行っております。

滋賀県でYouTubeをはじめたいけれどどうやったらいいかわからないという方は、ぜひご相談ください。