PAGE TOP

  • ポイント


小規模事業者持続化補助金とは?


小規模事業者持続化補助金とは、商工会・商工会議所から申し込むことができる補助金の一つです。

2016年度も昨年度に引き続きおこなわれるようになり、事業内容の補助申請を行うことができます。

負担してもらえる費用は2/3で最大が50万円まで。この補助金の良いところは法人にしていない個人事業主でも応募ができること。更に商工会や商工会議所に属していなくても申請ができることです。




小規模事業者持続化補助金利用の場合の製作の流れ


小規模事業者持続化補助金の場合、負担される費用については審査が通過してから結ばれた契約からのみとなります。

つまり小規模事業者持続化補助金に通る見込みが高いからといって、審査中・審査前に支払いを終えてしまうとその金額は対象外となってしまうわけです。

当社では、原則ホームページ製作開始時に製作金額全額の支払いと契約書を結ばさせてもらいますが、小規模事業者持続化補助金申請をお考えの方に関しては特別に先に製作を進ませていただき申請通過後に契約を結ばさせていただきます。

ではもし補助金の申請が通過しなかったら?基本的には契約をしていないのでその時点で依頼をキャンセル頂いても構いません。


小規模事業者持続化補助金でホームページ集客を狙われている滋賀の店主・社長様へ


基本的には小規模事業者持続化補助金が通っていなくてもホームページ製作、契約の義務はありません。

もし通らなかったのでそれまでの打ち合わせから制作しないとなっても、それは予算のところで仕方がない部分ではあります。

しかし当社も小さな会社であり、毎月新規で抱えられる件数というのは決まっております。その為小規模事業者持続化補助金を使うからといって「5ページ程度の会社案内・お店紹介」規模のご依頼をお受けすることは出来ませんので予めご了承ください。

当社が今回の制度でお受けするケースとしては下記が主となります。

・これまでは全く営業ツールとして意味がなかったホームページをしっかりと作り替えたい
・会社・お店の業績をあげるためにホームページを活用して集客していきたい
・ホームページで集客する為に、一緒に協力してもらえる制作会社を探している。

つまり「ホームページで集客するために自分(依頼者側)も文章書くなり頑張ります。」という方であれば、喜んでホームページ集客への製作をお受けいたします。

もし「自分のケースは依頼できるだろうか」と思われたら、まずはご相談ください。基本的に当社はホームページでの集客を目指して制作会社と依頼者が一緒に協力して製作・運営を出来る依頼ならば積極的にお受けいたします。

ぜひ集客に困られている方は、下記フォームからご相談を。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

こちらの記事もおすすめです。

お問い合わせ文
お名前 例:山田一郎
メールアドレス or 電話番号 例:info@japan-ese.info
ご要望・相談事項
制作実績一覧