PAGE TOP

  • ポイント

最初から完璧なホームページを制作できないことを理解するだけで上手くいく


インターネット上には便利なツールがたくさんあり、中でもよく使うのがgoole社が提供するキーワードツールというものです。

キーワードツールではキーワードの月間の検索数を調べることが出来て、ホームページの新しい立ち上げなどには必ず分析資料として使用します。


このキーワードツールで「ホームページ制作会社」と検索すると1ヶ月で4400回が調べられてることが分かります。

「ホームページ運営会社」と検索すると、データなしと出ます。
どうやらほとんど検索されていないキーワードのようです。

なぜホームページ運営会社という単語は出てこないのか。

それは依頼者側と制作会社側の繋がりが大きく関係しています。

制作会社のほとんどが「制作するだけ」という事実


ホームページの制作会社を検索する時に調べる単語として人気なのは「ホームページ制作会社」や「WEB作成」になります。

ですがこの単語で検索すると全国単位での制作会社を見つけることになりますので、通常はここに地域名をつけて「滋賀 ホームページ制作会社」や「京都 ホームページ制作会社」と検索します。

ほとんどのホームページ制作会社でいえることは、ホームページを作り公開までが制作会社の範囲です。

公開後は月額費を頂いて「修正」程度に務めるのが一般的な制作会社です。

「修正」の範囲は簡単な文字修正や画像変更などで、ホームページの新しい制作とはいえません。

ここで困ってくるのが依頼者側でホームページが更新されないため、新しい情報もなく半年程経てば更新されないホームページが出来上がってしまいます。


目指すべきはずっと効果が出るホームページ


ホームページ依頼の制作前段階で依頼者側としては作りたい内容とが盛り沢山なことが多いです。

・他よりも動きがあるサイトで目立つもの。
・すごいおしゃれなホームページ。
・Yahooみたいなホームページ

希望するのは簡単ですがコストもあるため、ある程度の制作内容でまとめることになります。

それでも公開時に完璧なホームページを作りたいと考えるのが依頼者側の気持ち。

ですが完璧なホームページというのは作れません。
完璧なホームページというのは更新しなくても売り上げがずーーっと伸びていくホームページのことです。

ライバル店と競い合い、お客様の声を聞いて変化し続けなければいけないのと同じで、ホームページも磨き続けなければ誰からも見なくなります。


定期的なアクセス解析を行い、ページを追加して、反応を見て、日々実験することで少しずつホームページは理想に近づきます。

その為にも制作だけでなく運営まで共同で手伝ってくれるパートナー選びをしましょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

こちらの記事もおすすめです。

お問い合わせ文
お名前 例:山田一郎
メールアドレス or 電話番号 例:info@japan-ese.info
ご要望・相談事項
制作実績一覧