PAGE TOP

  • ポイント

色々な業種のホームページを運営したことで確信した3つの真実


当社では業種に関係なく、幅広くホームページを制作しております。

(公序良俗に反するもの、法律を遵守していないコンテンツや不適切と判断したホームページの制作はお断りさせていただいております。)

業種に関係なくホームページを制作し、運営することで得られるデータは膨大です。

今回は色々な業種のホームページを運営しているからこそ、わかったことを3つのポイントにしてお伝えします。


良いホームページを作るのは制作会社と依頼主

「ホームページ制作会社はホームページを作ることがお仕事です」というのが今までの制作会社の仕事でした。

しかし、現在は良いデザインで魅せた外見だけのホームページよりも、中身がともなった結果の出せるホームページを作る必要があります。

同じ地域の同じ業種で一定以上のデザインで仕上げているホームページは、昔よりも相当増えているからです。

ここで「中身が良いホームページとは何か」を考える必要があります。

中身が良いホームページとは、デザイン以上にコンテンツが充実しているということです。

コンテンツの充実をはかるには、その業種についてある程度の知識が必要になります。

ですが、依頼主の業種の知識については制作会社は全くの素人です。

その為、製作前の段階で、依頼主の会社・業種のことを知る必要があります

頂いたテキストを貼り付けるだけでは良いホームページが出来るわけがないのです。

まずは、依頼主と多くの質問を交わして、その業種についての知識を深めます。

それから、ホームページの制作へつなげていき、他社よりもユーザーの使い勝手が良く、求められる内容を提案していきます。

良いホームページを作るには制作会社とクライアントが共同で運営していくことが、とても重要なのです。

単純に良いデザインを作るだけではないのです。
(もちろん制作会社として標準レベルのデザイン力があるのが前提です。)


ホームページには応用が利く

様々なホームページを作り、運営していく中で確信したことがあります。

それは「ホームページにはアイデアの応用が利く」ということです。

商業用ホームページなら会社紹介やアクセスマップ、業種紹介がありますが、これだけでは会社案内程度のホームページになります。

制作してもアクセス数は上がらず、成果も出ないホームページとなるでしょう。

そこに他者とは違うアイデアを形とすることで、差が生まれて成果が生み出します。

当社運営の一例として「居酒屋まるとり」のホームページでは、お客様にホームページ上でお店の予約ができるように制作しました。

従来の飲食店では一つの予約フォームしか作っていない所が多いですが、今回は検索効果を見込み、ビール1杯サービス、果実酒1杯サービス、宴会用予約フォームと分けた予約フォームを作りました。
ページを分けることで、それぞれのページが「居酒屋 守山市 クーポン」「居酒屋 守山駅 お酒 種類」というキーワードなどで検索に別々表示されるようになり、アクセス数が増え、予約をより獲得でできるようになりました。
これまでの多いときで月間50人の予約を取れています。

また予約でドリンクが1杯無料とアイデアを活かして、次は鍼灸院のホームページにも使っています。

キショウ井出鍼灸院ではホームページ上での「無料診断」を受け付けており、ここから新規顧客の獲得に繋がるようになりました。

また牛乳宅配業の辻牧場では無料お試しキャンペーンとして、お好きな飲料を5つサンプルプレゼントとして成約することが出来る見込み客を獲得しています。

アイデアは一つではなく、形を変えることでいろいろな業種に使うことができるのです。

そしてアイデアをホームページにどう使っていくのかも制作会社の能力の差となります。


運営を任せていただくことで見えてくるものがある

製作後、運営をおこない依頼主とお付き合いをすることで、依頼主の当たり前になっていることが実はアピール出来るポイントであったり「いいな」と感じた内容を見つけられることができます。

新しく出てくるアイデアは、必ず試してみて、実証をしていき、その後のホームページ運営にも役に立つことがほとんどです。

上手くいったアイデアは他の業種でも応用したり、逆に上手くいかなかったアイデアは何が悪かったのかを実証していきます。

ホームページを持つことが当たり前になった今ですが、それでもホームページを運営することはまだまだ当たり前になっていないのが現状です。

ホームページを制作する際は必ず公開後の運営のことを考えておこないましょう。

公開されたときよりも、運営をおこなうことでホームページからの成果・売上は生み出されます。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

こちらの記事もおすすめです。

お問い合わせ文
お名前 例:山田一郎
メールアドレス or 電話番号 例:info@japan-ese.info
ご要望・相談事項
制作実績一覧