PAGE TOP

  • ポイント

ホームページをリニューアルではなく、もう一つ制作することのメリット・デメリット。

  • 公開日:2015年8月19日
  • CATEGORY:未分類

ホームページの問い合わせで、最近多くなってきたのがリニューアル案件の依頼です。

ただ実際に打ち合わせを行ってみるとリニューアルするよりも、もう一つホームページを制作した方がいい。というケースも実際にあります。

では「もう一つホームページを持つとは?」どういうことか。

今回リニューアルではなく、新しくホームページを持つことでのメリット、デメリット、そしておすすめの条件などを記事にしてみました。

これから新しくホームページを制作・リニューアルしようという方。参考に一読してみてください。






ホームページをリニューアルではなく新規制作することのメリット。


これは新しく集客できるホームページがもう一つできあがるというメリットがあります。

既に一つのホームページで集客できているのであれば、そのホームページに影響することなくもう一つのホームページで集客させることができ、単純にプラスαの集客数をもたらすことができます。

さらにもう一つ大きくメリットとして挙げられるのが、現ホームページでしぼれていないターゲットをより狭めたホームページが制作できることです。

例えば建築事務所であれば、現ホームページは注文住宅でターゲット層は40から60代の方とします。
二つ目は現ホームページとはかぶらず、なおかつ低価格での注文住宅をアピールできるホームページを作ればターゲットの年齢層も下げる事ができ、これまで現ホームページではアピールできなかった層にデザイン・コンテンツで集客できます。


ホームページをリニューアルではなく、新規制作する事のデメリット


デメリットとしては、金額がかかってしまうこと。ホームページがデザイン変更のリニューアルであれば、新しく制作するホームページの方がどうしても金額がかかってきてしまいます。

さらにもう一つホームページを制作する事で運営の手間が増える事。これは一つのブログ更新だったものが、新しく二つ目のホームページが出来上がる事でブログの更新をもう一つも別テーマでしなければいけません。

ただ手間という面でいくのであれば、二つのホームページのブログ更新ぐらいであればそこまで一気に増えるというわけではないので、定期的にブログを更新されている方であれば苦にならないかもしれません。




この条件ならリニューアルではなく、もう一つホームページを作成した方がいい。


上の二つのメリット・デメリットからいくと、リニューアルではなく新しくホームページを作成した方がいいケースはこちら。

・既に現ホームページが集客できている
・新しいホームページではターゲットを変える、しぼったものを作りたい。
・予算上余裕がある。

これらの条件ならリニューアルをして現ホームページの集客数を減らすリスクを背負うよりも新しいホームページで思う存分挑戦すべきかと思います。

一つしかホームページを持っていない場合、ターゲットをしぼりたくても、どうしてもパイがあるところを狙いにいきたくなりますし絞れないというのが経営者の心情。

複数ホームページを運営できれば、それぞれでターゲットを絞る事ができるので思い切ったこともしやすくなります。



こんな条件の時はホームページをリニューアルした方がいい。


逆にこんなときは新しくホームページを制作するよりもリニューアルすべきです。

・現ホームページで集客できていない、放ったらかし。
・かなり前に作ったホームページ
・予算がそんなにない。(デザイン上の変更だけが希望)

複数ホームページを持つ事で集客するための扉を多く持てるわけですが、現ホームページが集客できていない・古いホームページないと扉の数は増えません。
しかも店舗名・会社名で検索したときに現ホームページの方が先に出てきてしまうので、お店・会社に興味を持った人に古いデザインや中身のないコンテンツを見られ、せっかくの問い合わせを逃す事になります。

それであれば、既存のホームページを中身の部分から作り替えて、その上で半年後、1年後などにもう一つホームページを制作しましょう。

今回ホームページをリニューアルするか、もう一つホームページを制作するかで書きましたがさけられない問題としてはやはり予算。

この予算もホームページ制作会社と話あって、最善の方法をとって集客できる扉を複数持ちましょう。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

こちらの記事もおすすめです。

お問い合わせ文
お名前 例:山田一郎
メールアドレス or 電話番号 例:info@japan-ese.info
ご要望・相談事項
制作実績一覧