PAGE TOP

  • ポイント

なぜ滋賀のホームページ制作会社として「集客の重要性」を掲げるのか。

  • 公開日:2014年12月8日
  • CATEGORY:未分類

「滋賀 ホームページ制作」と検索すれば、かなりの数が検索され私が知っているだけでも滋賀には30社ぐらいは存在します。

個人の方や企業も含めて滋賀でもそれだけの数があるのに、大阪や東京へといくとそれこそ星の数ぐらい、ホームページ制作会社はあるわけです。

それだけあるわけなんですが、では依頼する方に立つとその数からどのホームページ制作会社を選べばいいかわからないとなります。

金額から選べばいいのか、スマホを作ってくれる会社がいいのか、初期費用が安い所がいいのか。

それぞれのホームページ制作会社でプランが違ったり、料金が違ったりすることで一定した比較というのが難しいのが現状です。

ではそんな数多くあるホームページ制作会社からジャパニーズ株式会社を選んでもらうにはどうすればいいのか。

それが今回の本題でもあるなぜジャパニーズが「集客の重要性」を掲げるのか。につながります。


ホームページ制作会社の特色とは?


星の数ほどあるホームページ制作会社でも当然のごとく、得意な分野・苦手な分野や特色が違ってきます。

テンプレートを使ってホームページを作り制作料金を安く済ませることができるところもあれば、流行のデザインを取り入れられる制作会社もあります。

ではジャパニーズはどうなのか。ジャパニーズは「集客したい!」という方とともに制作・運営をすることに重きを置く会社です。

集客というのはWEBを見て問い合わせをしたり、依頼をしたり、来店されたりというのができる事。ホームページを作ればネットで情報を掲載することができるため制作していないよりは、作っている方がネットでの集客はできるでしょう。

しかしその集客数というのはどうか。

月に5000人の人が見ているホームページと300人の人しか見ていないホームページでは集客できる可能性は違ってきます。

また100人見て1人がアクションしてくれるのと、100人みて5人がアクションしてくるのとではまた集客率というものが違ってくる。

ジャパニーズはそのアクセス数と集客率をあげることを得意とする制作会社であり、その部分を重要視したプランを提案しています。


なぜ集客をすることに重きを置くのか?


ホームページの制作というのは安いものであれば10万円ぐらい、高い制作会社であれば天井知らずというものですが、滋賀県だと大体10ページ前後で20万後半といったところでしょう。

それだけの金額を例えば社員数が1000人いるところが費用として支払うのと従業員3名の会社が支払うのとでは意味が違ってきます。

集客をしたい!という願いは、1従業員よりも経営者のほうが願いが強くなります。なぜなら企業存続に向けて誰よりも必死であるからです。

その必死さはホームページを制作する際に、大きなメリットとして発揮します。

それはホームページを制作する際に考えるコンテンツの部分です。例えば当社の制作実績で東近江市にある石材店のホームページがあります。


見てもらえればわかりますが、このホームページは全部で30ページほどから構成されており、それぞれのページの文章がありきたりな文章とはなっていません。

全て代表による執筆された文章を元に使用しました。

もし集客への必死さがなければ、ホームページに入れる文章を考えるときに数行ですませてしまうでしょう。必死であるからこそ、お客様がきになるだろうポイントを考えて、伝わりやすいように説明する内容を書けます。

そこには文才など必要ないのです。


ホームページ制作会社の利益だけではなく、依頼者の利益を考えて制作すること。


集客したい!という思いを、ジャパニーズは最大限にデザインとして構成として整えて制作していきたい。

現にページ数が30ページになっても基本プランの料金は頂いておりません。追加料金が発生すれば、依頼者側が伝えたい内容も泣く泣く断念しなければならずそれでは実際にその内容を見て「問い合わせしてみよう!」という集客の可能性を失くしてしまうからです。

ジャパニーズでは様々な業種のホームページを作り、そして集客に重きを置いております。そこで培った集客のノウハウは、たとえ全く違う業種であっても応用を利かせることができます。

ホームページを依頼されてただ作るのではなく、制作してからその先にある本当のゴールを達成するために情報を蓄え生かしていく。それが出来るホームページ制作会社の特色は「集客できること」にあると考えています。


もし滋賀県で「集客しなければ今後の経営が危うい」「早い段階で今後の広報手段をしっかりと取っていきたい」と思いであれば一度ジャパニーズの初回の相談を聞いてみてもいいかもしれません。

依頼をする云々よりも、正しいWEBからの集客の仕組みをすることでもしジャパニーズ以外の制作会社に依頼することになってもその知識はムダにはならないのですから。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

こちらの記事もおすすめです。

お問い合わせ文
お名前 例:山田一郎
メールアドレス or 電話番号 例:info@japan-ese.info
ご要望・相談事項
制作実績一覧