PAGE TOP

  • ポイント

制作会社に電話する前に、あなたは様々な同業者のホームページを見て、どういったホームページにするのかを考えるでしょう。

目にすることが多いのは、トップページ・お店の紹介・商品紹介・キャンペーン・お問い合わせの5ページで構成されているホームページではないでしょうか。

それらを見続け、あなたはいつのまにか「作るなら5ページ」と決めてしまいます。

しかし残念ながら5ページ程度では、あなたのお店の良さを紹介することはおろか、印象のないものとして見てもらうことさえ難しいでしょう。

5ページという状態をスーパーで例えるなら、ただ商品が陳列しているだけの状態です。

あなたは商品を陳列しているだけのスーパーと、値引きや季節物・流行物などで工夫を図っているスーパーのどちらに行くでしょうか。

5ページ程度のありきたりなホームページでは、見る方も慣れてしまっていて、十分な魅力を伝えることは出来ません。

ましてや5ページに情報を詰め込みすぎると、見ようとも思わないホームページが出来上がってしまいます。

宜しければ記事のシェアをお願い致します。

こちらの記事もおすすめです。

お問い合わせ文
お名前 例:山田一郎
メールアドレス or 電話番号 例:info@japan-ese.info
ご要望・相談事項
制作実績一覧